タグ:日帰り入浴 ( 41 ) タグの人気記事

那須IC近く【源泉 那須山】

スキーの帰りに【源泉 那須山】に行ってきました。
b0152234_23271010.jpg


那須ICの近くにあるお菓子の城に併設されてる日帰り入浴施設です。
料金が入場する時間帯によって異なりますが、休日大人料金だと、1200円(9時30分~16時)と800円(16時~22時)の2通りあります。
ちょっとお高めですが、無料の休憩室もあるので、1日のんびりするにはいい感じです。
お風呂だけ、というとちょっと高く感じるなぁ~(^-^;

お風呂は大きな檜作りの内湯、小さめサイズのぬる湯、外に小さめな露天風呂とサウナがあります。
開放感たっぷりで内湯からも外のお庭が良く見えます。
芝生の広ーい庭の真ん中に愛子様のお印でもあるゴヨウツツジが植えられていました。
春先には花が咲いてきれいなんでしょうね~

洗い場も20個ほどあり、1つずつ区切られているので隣の人もそんなに気になりませんでしたよ。

源泉那須山
栃木県那須町高久甲4588-10
電話:0287-62-1800  
駐車場:あり 無料
料金はこちら
泉質:ナトリウム塩化物泉

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ←ランキング参加中です。ポチっと押して頂けると嬉しいです
[PR]
by harutoro | 2009-03-16 23:37 | Travel, Spa

那須湯本温泉 雲海閣

スキーの帰りやぷらっと温泉入りによく那須湯本は行くのですが、いつも決まった所に行ってたので、今回は新規開拓です。

b0152234_22285314.jpg


おばあちゃんがコタツに入りながらお出迎え、、という宿でもホテルでもなく、家っぽい感じのお宿です。
日帰り入浴が400円という最近ではない格安さに驚きました。


b0152234_22294397.jpg

洞窟のような薄暗い廊下を抜けて・・・


b0152234_2230679.jpg

傾斜ありすぎな階段を結構降りて・・・到着です。

扉をがらっとあけると、脱衣所。
b0152234_22302962.jpg

はっきり言って間違えて扉開けちゃったら丸見え(汗)
そして寒くて3人以上だと狭い脱衣所はご覧のとおりカゴなので、貴重品はフロント付近にあるお手製ロッカーに預けましょう。


肝心のお風呂は、、、、こんな感じ。
b0152234_22361297.jpg


鹿の湯源泉をひいてきているので、においはバッチリ、色も濃い目。
ちょっと熱いので、出たり入ったりしてる人が多かったです。

2つ浴槽がありますが、温度の差は感じられませんでした。
洗い場は2つあるけど、あまり石鹸でゴシゴシ洗う感じではないので、ご注意です。


那須湯本温泉 雲海閣
TEL:0287-76-2016
営業時間9:00~20:00
日帰り入浴 大人:400円

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ←ランキング参加中です。ポチっと押して頂けると嬉しいです
[PR]
by harutoro | 2009-03-16 22:49 | Travel, Spa

有馬温泉【金の湯】【銀の湯】

2泊3日の京都の最後を満腹の花吉兆で終え(汗)、有馬温泉へと向かいました。
梅田から出ている阪急バスに乗り行ってきました。

なんで有馬温泉に行ったかというと、日本三名泉である草津(群馬県)、下呂(岐阜県)、有馬(兵庫県)のうち、
草津と下呂は行ってたのに有馬だけ行けてなかったので、今回有馬に入ってとりあえず制覇したかったんです(笑)

バスに揺られ1時間。
温泉街の雰囲気が残る有馬温泉へ到着。
とりあえず宿をチェックインして、温泉街をぶらぶら散歩してきました。
b0152234_1325688.jpg

温泉街の中心部に駅やバスターミナルがあり、お土産屋さんやお酒を飲めるところもありました。夏には川沿いに蛍も見られるみたいですよ☆

立ち寄り湯に金の湯、銀の湯があるということで、行ってみました。
まず初日に金の湯、翌朝のチェックアウト前に銀の湯に行きました。

b0152234_13281641.jpg

金の湯は中心部に位置しているので、行きやすかったです。
ちょうど夕方だったので、早くからほろ酔い気分のおじさん達や若い人、アジア系の観光客も結構いました。
金の湯の入湯料は650円ですが、銀の湯と合わせて入ると1200円のところ、850円になります。
両方入るぞ!という方はこちらがお勧めです。(券は1年有効です)

お風呂は鉄分たっぷり、茶色のお湯です。
私が行った時は混んでいたので、洗い場や脱衣所は人でごった返していて、あまりいい印象はないです(汗)
でも目的果たせたのでよかった~。


お風呂上がりに周りの人が飲んでいたので、ついつい買ってしまった、ありまサイダー
b0152234_1339321.jpg

このサイダー、すごい炭酸が強くて、大人でもチビチビ飲まないと苦しい>_<
小さい子(2歳くらい?)がコップに入れて飲んでいたら、口から泡がブクブクブクゥ!
笑っちゃいけない、と必至で堪えました(笑)



お次、銀の湯です。
b0152234_13434157.jpg

こちらは朝行ってきました。
私たちが泊まった宿からは結構遠く感じました。途中で看板が出ているのでなんとか行けますが、看板がなかったらたどり着けないかな、、。

銀の湯は炭酸泉です。
お湯は透明で特ににおいとかしませんが、じっと浸かっていると体に小さい気泡がついて面白いです。すぐにポカポカになります。
金の湯に比べるとこじんまりとしてて、観光客よりかは地元の人がたくさん来るような雰囲気がしました。


次はお宿情報をupします
b0152234_13505153.jpg


2008/09/23,24@兵庫県 有馬温泉
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ←ランキング参加中です。ポチっと押して頂けると嬉しいです
[PR]
by harutoro | 2008-11-10 13:54 | Travel, Spa

秋田 【後生掛温泉】

b0152234_114719100.jpg



紅葉が綺麗な事で有名な八幡平。
冬は雪が深くて自家用車では行きにくい、。
そんな秘湯感たっぷりの後生掛温泉に行ってきました~!

5/4 秋田県にしては暑すぎる31度を記録した日に行ったのですが、アスピーテラインではまだまだ雪が残っていて、
夕方には凍結の恐れがあるため閉鎖される程でした。

GW期間中なので、私たちみたいな帰省組や温泉旅行で訪れた人でごったがえしていました。
駐車場に車が入りきらず、路駐の長い列・・・山奥の風景とはかけ離れています。。
さぞかしお風呂は芋洗いになるんでは?と思ってたのですが、うまく人と入るタイミングをずらして全てを制覇してきました。

ではお風呂の紹介です。
・脱衣所はカゴなので、貴重品は気を付けてくださいね。
・浴場には有名な泥湯や箱蒸し風呂の他に内湯2、露天1があります。
・洗い場は20個程で、カランが殆どです。

<泥湯>
美肌効果抜群の泥湯は4、5人入ると窮屈です。
空くのを待っていたらいつまで経っても入れない状態なので、数人出たらすかさず入った方がいいと思います。
浴槽の下にも泥がたまっているのでお尻はつけないかな、、
お湯が出てくる所に出たばかりの泥が蓄積されてるので、そこからちょっと泥を貰い顔や腕に付けてみました。
あまりにも黒いのでこのまま落ちないんじゃないかとハラハラしますが、ちゃんと落ちましたよ(笑)
待ってる方もいるので長居する度胸もなく、ささっと出てきました。

<箱蒸し風呂>
浴場内階段をあがった所に4つ程あります。
首から上を出して残りは木箱の中にすっぽりと入ります。
下から蒸気がもわもわと出てきて、首から上には蒸気がかからないので気持ちよく汗をかくことができます。
ですが、、
おちびなとろにゃは座面から首が出てくる穴までの距離が自分の身の丈と合わず普通に座ると顔まですっぽりと木箱の中にもぐり、
近くにあった底上げ用の木をつかっても顔全体は出ず、結局蒸気が顔直撃
あまりにも息苦しくて早々に出ました。あぁ、、、ちびって損だな、と改めて実感

<露天>
女性用だからでしょうか?囲われすぎていて露天ではないかな、、
そんなに広くはないので、これも入る時の運だと思います。

浴場の床が木製なので、滑りやすいです。危うくど真ん中で後ろ向きに転ぶ所でした


八幡平周辺には沢山の温泉が出てるようなので、まだまだ楽しめそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へよかったらポチっと押して頂けると嬉しいです。
[PR]
by harutoro | 2008-05-04 22:33 | Travel, Spa

いわき湯本温泉【ゆしまや】


b0152234_23185036.jpg

スキーの帰りにいわき湯本温泉【ゆしまや】に寄ってきました。
常磐自動車道/湯本インターより5分という手軽さと
23:00まで営業というスキーの帰りでも間に合うってことで行ってきました。

施設入口へ繋がる道がせまく、坂道なので気を付けてください。
こちらは日帰り入浴もできる「温泉館」と宿泊できる「旅館」のセットのようですが、
日帰り入浴はスパ銭になっているので、使いやすいです。

受付で靴を入れたロッカーの鍵と引き換えに脱衣所ロッカーの鍵がいただけます。
ロッカーの数は全部で60個なので、普通のスパ銭よりかはこじんまりとしています。
脱衣所内にトイレ、ベビーベット、洗面3つ、ドライヤ3つあります。
お風呂は洗い場9つ、内湯(10人程入れる?)、露天風呂(岩8-10人程?、壷2つ、石3人程?)、
サウナ、アカスリとなっています。
それぞれのお風呂はこじんまりとしていますが、定員が60名なので妥当な広さでしょうか、、。

壷と石のお風呂は湯の花が浮かぶ源泉かけ流しです。(泉質:含硫黄・ナトリウム・塩化物硫酸塩温泉)
お風呂のほかには岩盤浴・貸切風呂もあるようです。

大人800円で源泉にも入れて、施設も整っているので、満足度は高いです

メモ
営業時間:月~日10:00-23:00(火曜のみ15:00-23:00)
定休日:毎月第2火曜日
料金:大人800円
住所:福島県いわき市常盤松が台102
電話:0246-72-2619

ブログランキング・にほんブログ村へよかったらポチっと押して頂けると嬉しいです。
[PR]
by harutoro | 2008-01-25 23:18 | Travel, Spa

北海道 【大雪高原温泉】

9/3(月)
層雲峡に行った時に寄った【大雪高原山荘】です。
b0152234_23214014.jpg

層雲峡から大雪湖へと続く道を行き、途中から砂利道(山道)をガタゴトと走っていくと目の前に大きな敷地(駐車場?)と山荘が見えてきます。
b0152234_23221181.jpg

ここは大雪山国立公園の中にあり、標高1240m、冬は入ることのできない秘湯です。日本一早い紅葉が見られる場所でも有名な所。こんな山奥に平日、日帰り入浴に来る人もそうそういないので、女性風呂は私ひとりで使えました。
b0152234_23223464.jpg

*女性内湯*
木彫りの熊の口からお湯がドボドボー かけ流しのため、誰もいないのにすごい湯量が流れていきます。なんだかもったいないなぁ~
b0152234_23225394.jpg

*女性露天風呂*
あんまり立ち上がると駐車場から丸見えになる恐れありです。
観光シーズンは気をつけた方がいいかと思われます。

のんびりお風呂入って宿の食堂でお昼を食べました。
入浴と食事のセット1500円というのもあるようです。
紅葉シーズンはきっと綺麗なんでしょうが、この前ニュースで見たら沢山の観光客が来ていたので、シーズン中にのんびりお風呂は難しいかも、。

日帰り入浴:大人700円 子供350円 
入浴時間 :10:00-17:00
営業期間 :6月上旬-10月10日
詳しくは【宿名】クリックしてくださいね。

おまけ
b0152234_23232789.jpg

帰りにエゾシカ発見!
慣れてるのか?舐められてるのか?
車の前を走り、なかなか逃げてくれません  
b0152234_23242698.jpg

結局国道のちょっと手前までご一緒しました(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へよかったらポチっと押して頂けると嬉しいです。
[PR]
by harutoro | 2007-09-03 23:19 | Travel, Spa

四万温泉【積善館】

世の中は3連休の初日ですが、我が家はもう帰路へ、、
台風の影響で天気も悪く、どこに行っても混むだろう、ということで
四万温泉だけ寄り道して帰ることにしました。
いつものようにガイドブックで探して【積善館本館】へ行ってきました。
b0152234_23391648.jpg


群馬県指定重要文化財にもなっていて、本当に古い建物。300年前からここに建っているってすごいことですよね。

雨降ってるので、趣もぐんとup
b0152234_23393597.jpg



日帰り入浴は男女別「元禄の湯」(写真でいうと、右下アーチ型の窓枠)と
混浴の「岩風呂」、休憩室を使えて1000円でした。
私達は「元禄の湯」に行ってみることに。

お風呂の扉をあけてビックリしたのが、すぐ目の前に飛び込んできたのはお風呂だったこと。知らないでドアを思いっきり開けてしまいました

b0152234_23395995.jpg

蒸し暑く、脱衣所ももちろんお風呂場の中なので、着替えが大変でした。

大正ロマンたっぷりのお風呂ですが、微妙に温度が違ったような気がします。
蒸しサウナも2つあり、入ってみましたが、かなりの狭さに驚きました。
いつかお泊りしてみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へよかったらポチっと押して頂けると嬉しいです。
[PR]
by harutoro | 2007-07-14 23:37 | Travel, Spa

草津 【大滝の湯】

7月13日(金)
13日の金曜日に会社をお休みして草津に行ってきました。
3連休だとどこも混んでしまうので、、という単純な理由で休みを取った私達
朝は普通の時間に起きて、「どこ行こうか?」と行き先もすぐに決まらず、
比較的近距離コースな草津を選んでみました~。
宿もネットで空いてるところを予約し、いざ出発!

お泊り草津はこれで2回目です。(日帰り入浴でも何回か行ってます)
草津へ行くには必ず伊香保も通るので、とりあえず伊香保の日帰り温泉でも、、と行ってみたものの、
今日は臨時休業だった・・

普通なら伊香保観光、、ですが、私達は伊香保スルーで草津へ向かいます

宿にもあるのに、とりあえず草津の立ち寄り温泉【大滝の湯】へ行ってきました。

b0152234_8221391.jpg


こちらの温泉は、よくある内湯&露天の浴場のほかに「合わせ湯」というお風呂もありますが、
これは1つしかないので女性専用時間を設けています。
ちょうど着いた時間が女性タイムだったので、ラッキーでした♪

b0152234_8224174.jpg




入場料は800円/大人かかります。「合わせ湯」の別料金はありません。
入口入るとちょっとした休憩スペース&有料休憩所と男女別大浴場があります。
畳部屋の休憩所と「合わせ湯」は階段を降りた所にあります。

ではまず「合わせ湯」から。
女性専用時間が、10:30-12:00、14:00-16:00、18:30-19:30となっていますのでご注意くださいね。
脱衣所はカゴ式なので、貴重品は有料ロッカー(100円戻らない)に入れる必要があります。
本当に着替えるだけのスペースですので、化粧直しとかはしにくいです・・・
(トイレも脱衣所内にはなく、すぐ近くにありました)
薄暗い湯治場ムードの漂う浴室には大小それぞれ温度の異なる浴槽が5つと、
打たせ湯、目を浸けると良いとされる小さなスペースがあります。

ひとつの浴槽に1分ずつ浸かっていき、徐々に高温の浴槽へ入っていくと体に負担がかからない、という古くから草津に伝わる入浴法らしい。

b0152234_823984.jpg



が!
指示されたのは低→高ではなかった・・・
ちょっと見にくいですが、①42℃→②46℃→③40℃→④45℃→⑤44℃となります。
b0152234_823318.jpg


①はよかったのですが、②の46℃は1分入るのはかなりきつかった
足がビリビリして30秒しかもたなかった、、体を伸ばして入るなんてとんでもない!
ずっと体育座り(お尻着けず)です
③は40℃ですが、ぬるーく感じてふぅぅぅと一息つけました。
④、⑤はもう入るのに勇気入ります。だって②の46℃と似たようなものですから、、 
でも面白いことに、45℃と44℃って結構差を感じるんです。


少ししか入ってないのに汗だくになりました。
次に大浴場へ・・・・

こちらはうって変わって今時な雰囲気です。
ロッカーは貴重品入れる小さなロッカーは100円リターン式ですが、
服を入れるロッカーはこれまた有料ロッカーでして、ちょっとケチだなぁ、、なんておもっちゃったりして。
大浴場はシンプルでした。20個くらいの洗い場とでかでかとした内湯、白く濁った露天がありました。

草津温泉の日帰り入浴といえば【西の河原露天風呂】が有名だけど、
大滝の湯は「合わせ湯」が使えれば、満足度高いと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へよかったらポチっと押して頂けると嬉しいです。
[PR]
by harutoro | 2007-07-13 08:16 | Travel, Spa

養老渓谷 【七里川温泉】

6月17日、またまた朝早く家を出発して、8時半位には千葉県養老渓谷付近に到着。
近くのダムをみたり、ご飯食べたりして時間を潰す。

旦那が山道をクネクネ走らせる。
紅葉シーズンに来て見たいと思ってたが、実際の道を走ってみて、かなり渋滞することが容易に想像ついた。
途中で行き違い困難な場所もあり、到着したのは七里川温泉という一軒宿。
玄関入ってすぐ目に飛び込んできたのは、朝食中の宿泊客!!
本に書いてあった入浴時間よりも早かったけど、入らせてもらうことができました。

b0152234_8335172.jpgb0152234_834891.jpg 


宿の廊下を進み、2階に上がると温泉はある。
露天は1箇所しかなく、男女入れ替え制につき、どちらに当るかは行ってからのお楽しみ。
今回は女性が露天付でした~
まずは内湯から。
b0152234_8342556.jpg

定員8名位?洗い場が4つありました(かなり狭い間隔)
硫黄泉の掛け流しです。

そして脱衣所に戻り、別の扉から外に出ます。
階段を登っていくと、、、
b0152234_8344560.jpg

開放感たっぷりの露天です。こちらも硫黄泉掛け流しのようです。
どっかから見えるんじゃない?って思うほど、山側(写真でいう左側)は何も仕切りもなかった、、。
少し背伸びをするとこんな景色も見えましたが、お風呂入りながらでは見えません。
b0152234_835460.jpg


ちょうどお客さんのチェックアウト時間ということもあり、宿は騒々しかったです。
おばぁちゃんは掃除機かけてるし、、(汗)
今回はノンビリ入浴という感じではなかったな

ブログランキング・にほんブログ村へよかったらポチっと押して頂けると嬉しいです。
[PR]
by harutoro | 2007-06-17 08:39 | Travel, Spa

日光レークサイドホテル

中禅寺湖や戦場ヶ原を散策したものの、天気が悪く、あんまり良い写真が取れませんでした。

ということで、もうひとつお風呂入ってきました。

今度はホテルの日帰り入浴。

温泉本を見てよさそうな所&行ったことない場所ということで、日光レークサイドホテルに行ってきました。

b0152234_8414074.jpg

b0152234_8435130.jpg


  

お風呂だけ入るつもりだったのですが、お風呂&ランチ付で2500円というプランがあり、ちょっと贅沢にしてみました。
日光ってあんまり安いご飯屋さんがないので、結局他でご飯を食べても同じくらいお金がかかってしまうので・・・

ホテル内の通路を通り、一度外に出て↓のような道を進んでいくとお風呂はあります。

b0152234_844275.jpgb0152234_8444149.jpg
     

ちなみにお風呂だけの料金はタオル付で1000円です。天井の高いちょっと古い感じのお風呂は日光湯元から温泉を引いてきているようで、硫黄泉でした。
大きめの内湯のみですが、なんとなくノンビリできるお風呂です。

b0152234_8451462.jpg



お風呂上りにはちょっと年代を感じる休憩室で休憩もできます。
b0152234_8453870.jpg


お次はランチです。お風呂とご飯どちらを先にするかは自由ですが、ランチタイムが11:00-14:30なので気をつけて下さい。
ホテルの中庭を望むダイニングで頂きます。
b0152234_8462589.jpg


席についてから松花堂弁当、フレンチ(2種)から好きなものを選べます。
私達は松花堂弁当と若鶏のグリルをチョイス

b0152234_8471559.jpg
[松花堂弁当] 名物湯葉も入ってます


b0152234_8474368.jpg
[若鶏のグリル] この他にライス(パン)とメロンシャーベットが付きます。


ホテルのランチにGパン+Tシャツという超ラフな格好で行けるのも、何だか嬉しかったな。
ちゃんとしたお食事って服装とかちゃんとするだけで何だか疲れちゃう

今回は我が家にしてはロングステイでした。(といっても7時間未満、、)

ブログランキング・にほんブログ村へよかったらポチっと押して頂けると嬉しいです。
[PR]
by harutoro | 2007-06-11 08:38 | Travel, Spa


「撮りたいものを撮りたい時に」街・車メインで撮ってます。   カメラに話しかけながら撮る怪しいちっさいおばさん


by harutoro

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

マンホール(43)
at 2012-10-03 20:33
マンホール(42)
at 2012-10-02 23:18
下山☆スカイツリー④
at 2012-05-23 23:02
初登頂☆スカイツリー③
at 2012-05-23 22:02
初登頂☆スカイツリー②
at 2012-05-23 20:36
初登頂☆スカイツリー①
at 2012-05-23 18:48
スカイツリー開業!
at 2012-05-22 21:17
スカイツリー展望台
at 2012-04-01 15:35
あけましておめでとうございます
at 2012-01-04 22:49
お久しぶりスカイツリー
at 2011-12-23 23:21

検索

カテゴリ

★Photo★
Sky
Scenery
Plant
Animal
snapshot
others
Travel, Spa
★Memo★
Diary
Review, Collection

タグ

(120)
(114)
(97)
(95)
(78)
(44)
(43)
(41)
(30)
(28)
(27)
(27)
(22)
(21)
(15)
(14)
(13)
(6)
(6)
(6)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

イタリア生活日記ブログ+...
ぽっとの陽だまり研究室
まるごと青森
世界たべあるき日記
ヤマザキマリ・Seque...
yuki遊び
A moment of...
K's Photo Note
あんじー's Photo...
happy-cafe*
のんびり歩こう。
L@UNDRY**
和(なごみ)のいろ
*Toypoodle ...
Vitamin P2
happy-cafe*v...

その他のジャンル

外部リンク

■記事について
カテゴリー以外にも[検索]で記事の検索ができます。
写真は使用レンズごと、温泉/旅行は日帰り入浴・地域別のタグにしてあります。
温泉施設等、利用時の私の感想が含まれております。実際とは異なることもあるかと思いますが参考にして頂ければ幸いです
■コメント、トラックバックについて
相応しくない物を発見次第、削除させて頂いております。

写真の無断転用はご遠慮下さい
(C)Haru*Toro Photo
since 2007

flickrはじめました

にほんブログ村 写真ブログへ
人気ブログランキングへ
メールはこちら



ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31